漁業協同組合の長が推薦する方や、漁業外の参入者に対して、技術習得や就業確保などの支援を行い、就業後のフォローアップ事業にも取り組んでいます。

長崎市の漁業

長崎市の漁業は、西彼海域、橘湾海域及び大村湾海域を主漁場とする沿岸漁業と東シナ海・黄海を主漁場とする遠洋漁業が営まれ、四季折々の魚介類が漁獲されています。

沿岸漁業

沿岸漁業
橘湾海域

西に長崎半島、東は島原半島に囲まれ、湾口は南西に大きく開いた橘湾に面しています。橘湾海域では養殖業が盛んに営まれ、他にも小型底曳網漁業や延縄漁業などの漁業種類が営まれています。

西彼海域

対馬暖流が流れる五島灘に面しており、沿岸流との境界に多くの潮目が形成され、変化に富んだ海洋環境となっています。西彼海域ではまき網漁業や養殖業が盛んに営まれ、他にも小型定置網漁業や刺網漁業、採介藻漁業など多様な漁業種類が営まれています。

大村湾海域

針尾瀬戸と早岐瀬戸の2ヶ所のみで外海と接している閉鎖性が強い大村湾に面しています。大村湾海域では、小型底曳網漁業や小型定置網漁業が盛んに営まれ、他にもカキや真珠の養殖業などの漁業種類が営まれています。

遠洋漁業

遠洋漁業では、国際漁場である東シナ海・黄海を主漁場とする以西底曳網漁業及び大中型まき網漁業等が営まれ、アジ類、サバ類、シログチ、ハモ、キダイなど多様な魚介類が水揚げされています。

水産加工業

水産加工品

水産加工品

水産加工業では、ねり製品(カマボコ)や煮干し(イリコ)、カラスミなど地域漁業の特色を活かした水産加工品が生産されています。

長崎市新規漁業就業促進事業費補助金

新規の漁業就業者が行う漁業の研修等にかかる経費に対する支援制度

技術習得支援

(1)対象となる者

漁業協同組合の長が推薦する者で、別途定める長崎市地域漁業担い手確保計画に基づく、地域漁業への定着が確実で漁業担い手として活躍が期待される者

(2)対象となる事業内容及び補助する額/研修期間中に必要とする生活費や必要経費
1.諸手当
(月額)
  • 基本手当
    100,000円
  • 住居手当
    賃貸契約時の家賃相当額
    (上限額10,000円)
  • 技術習得手当
    15,000円

※ただし、新規就業者が漁家子弟であって、2 親等以内の親族と生計を一にする研修生については、諸手当を月額上限100,000円とする。

2.保険加入料
(入院、通院、漁船保険)
年額50,000円(上限)
3.漁業資材購入費
4.その他研修に必要な経費

 

新規着業者フォローアップ

(1)対象となる者

技術習得支援を終了し、1年以内に着業及び独立した者で、かつ、研修期間中を含め1年以上従事している者。

(2)補助となる事業内容及び補助する額/着業後に必要となる漁業経費

1か月あたり50,000円とし、1年間限りの交付。

新規漁業就業促進事業フロー図

新規漁業就業促進事業フロー図

ながさき漁業伝習所の紹介
ながさき漁業伝習所(事務局:長崎県水産部経営支援室)とは、長崎県、県内市町、漁業系統団体、業界団体等が主体となって運営する、長崎県内への漁業就業に関する相談窓口です。

このページをシェアする